会社概要

株式会社 日本バイタル

Nippon Bital Co., Ltd.   (J Bital)

 

〒332-0003 埼玉県川口市東領家4-10-13

 

太陽光追尾・集光・伝達/導光・照光システム

(太陽光採光システム)の研究・開発・製造・販売

生物から学ぶ技術製品の研究・開発・製造・販売

Tel  048-224-5185

Mail   info@j-bital.com

URL   https://www.j-bital.com

 
 
会社沿革

当社は、代表取締役の横沢が、2000年代に大学で研究活動を行なっていた中、研究施設での細菌の研究に太陽の光が必要であったことから、太陽の光を室内に取り込む仕組みを作ろうとしたことを発端にしています。横沢は、家業を引き継ぐことになった後も、既存のビジネスとは別に、自身の研究の一環として継続して太陽の光を室内に取り込む仕組みの研究・開発を続け、2012年には関連する特許を出願、2018年本格的にビジネス展開するために、当社を設立しました。

2012年5月

横沢社長が、昆虫学上でトンボをヒントとした「虫の目センサー」を持つ採光装置、導光ファイバー、照光器具等の一連の太陽光追尾システムを開発。日本及び海外で、太陽光検知装置等の特許を出願

2015年6月 

太陽光検知装置等の特許公開

2018年6月

太陽光採光システムを含むネイチャーテクノロジーの開発・販売を日本で本格化させる目的で、当社を設立

2019年5月    

2019年8月    

2020年11月   

めぶきビジネスアワードで優秀賞を獲得

太陽光エンジンを利用した「手を振る『くまモン』」の納品

埼玉県川口市市産品フェア出展

 

代表者略歴

​横沢 広嗣

​略歴

主な研究・発明

2002年

微生物・酵素専門 博士号取得

2003年

カルフォルニア州 ロサンゼルス郡立 

毒物環境学研究室

自然浄化作用助長型水質改善の研究

2004年

微生物の力を利用した完全オーダーメイド式水質浄化資材「バイオ・エッグ」を開発

環境浄化微生物を利用した環境修復の特許申請

有限会社ヒロ・バァイオ・システムズ設立

2005年

東京農業大学 客員研究員

環境汚染物質(水質主体)の発生源の至適環境条件に関する研究

有限会社ヒロ・バァイオ・システムズを

株式会社日本酵素工学研究所に組織変更

2006年

秋田県立大学 中村保典教授に師事

汚染米の研究((財)科学技術振興機構の指定研究に認定)

2007年

ノロウイルス等に対して効力が持続する銀クロロ錯体を含むウイルス防除剤の特許申請

2010年

家業を急遽引き継ぐこととなり、株式会社日本酵素工学研究所の活動を休止

2011年

YONSEI大学 Dr.Parkに師事

無機系銀錯体の研究

2012年

太陽光検知装置等の特許申請

2018年

株式会社日本バイタル設立

 
​ニュース

2019年5月30日

2019年

2019年

2020年1月17日

2020年11月

第3回めぶきビジネスアワードで優秀賞を受賞しました。

足利銀行が発行する「あしぎんレポート2019」でご紹介いただきました。

デロイトトーマツ 地方創生事業プロデュース活動紹介 事例でご紹介いただきました。

日刊工業新聞に掲載されました。

Contact us・お問い合わせ

株式会社 日本バイタル    ( J Bital )

Nippon Bital Co., Ltd.

太陽光集光・導光・照光システムの研究・開発・製造・販売

生物から学ぶ技術製品の研究・開発・製造・販売

 

Tel   048-224-5185

Mail   info@j-bital.com

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter

© 2020  Nippon Bital Co., Ltd.
created on Wix.com